ブログ

土曜日は冷え込みましたねぇ!
福岡でも珍しく雪が降って、あっという間に車の上が白くなってびっくりしました。

福岡でも雪

来られていた常連のお客様の車がしっかり白くなりましたよ。

本日はBMW 218d(F45)にブラムのスピーカーを取り付けさせていただいた作業を紹介いたします!
こちらのオーナー様はご来店していただいて、BMW用のスピーカー、オーディソンとフォーカル、ブラムの3種類を比較試聴していただいた結果、ブラムのスピーカーをお選びいただきました。

ブラム S100N24

こちらブラムのスピーカーはBMWとメルセデス・ベンツ専用設計のスピーカーになります。
メルセデス・ベンツの場合、付属されている取り付けボルト(?)を取り付けれ純正と同じ取り付け方で出来るようになりますし、

ミッドレンジスピーカー取り付け

BMWの場合は付属されているアタッチメントを使えば純正スピーカーとそのまま入れ替えが可能となっています。
本来であればアタッチメントではなく、しっかりとしたインナーバッフルを製作した方がオススメですが、今回は取り付け費用を抑えるためにアタッチメントでの取り付け方となりました。

BMW用スピーカー ブラム

まずはスピーカー単体の状態です。
この状態にアタッチメントを取り付けると、

BMW専用スピーカー ブラム

↑こうなります。
ちょっとわかりにくいですが、この状態でBMWの純正スピーカーと同じ状態になっています。

BMW純正スピーカーとブラムを比較
BMW純正スピーカーとブラムを比較 裏側

純正スピーカーと並べるとわかりやすいかもしれませんね。
まずはここまでが下準備です。
このスピーカーを取り付けるために内張を取り外していきます!

BMW 218d ドア内部

内張を取り外すと、BMWの定番的な場所に10cmスピーカーが現れます。

BMW 218d 純正スピーカー

アップで見るとこんな感じです。
このスピーカーを交換しますのでまずは取り外します。

BMW 218d 純正スピーカー取り外し

スピーカーが外れるとこのようになっています。
あとは取り付けていく作業となりますので、まずはツィーターとミッドレンジスピーカーの再生帯域を分けるためにツィーターラインにコンデンサーを取り付けます。

ブラム S100N24用コンデンサー

ブラムのBMWとメルセデス・ベンツ専用スピーカーであるS 100N24 は一般的なパッシブネットワークではなく、ツィーター用にコンデンサーが単体で付属してくるだけです。
付属してくるだけ、と聞くと手抜き感があるかもしれませんが、基盤に取り付けて余計な接点などが増えることを嫌っての『音質重視』としての単体での付属になるそうです。

今までの純正スピーカーにつながっていたスピーカーケーブルからツィーター用とミッドレンジスピーカー用にスピーカーケーブルを分岐して、ツィーター用にコンデンサーを取り付けた先ほどのケーブルをドアに取り付け、ミッドレンジスピーカーに接続し、ミッドレンジスピーカーをドアに取り付けます。

BMW 218d ブラムスピーカー取り付け

アタッチメントのおかげで綺麗に純正位置に取り付けが出来ております。

ブラム ツィーター用にコンデンサー取り付け

先ほどのコンデンサーも振動でガタつかないように、純正のケーブルにしっかりと固定しております。

BMW 218d スピーカー取り付け

あとはミッドレンジスピーカーの周りにシーリングのためにスポンジテープを貼り付けてミッドレンジスピーカーの取り付け完了です!
あとはツィーターの取り付けですが、作業途中の写真が撮れてませんでした(^^;;
写真はありませんが、サイドミラーの内側にあるパネル部分にしっかりとツィーターを取り付けて、内張を元通り組み付けて完成です。

BMW 218d スピーカー交換

写真でお分かりかもしれませんが、今回のツィーター取り付けはBMW純正ツィーターカバーを用意してそこに取り付けをするのではなく、ブラムのツィーターマウントを使ってサイドミラーの内側パネルに取り付けております。

BMW 218d ツィーター取付

いつものように純正パネルの中にツィーターを取り付けるのとは違いツィーターが外に出てきますので見た目は少し変わってしまいますが、ブラムのツィーターが小型ですので視界の邪魔になることはありませんし、意外と馴染んでていい感じになりました!

BMW 218d ツィーター取り付け

ちなみに左側はこんな感じです。
BMWにお乗りの方は純正デザインを変えたくない。とおっしゃられる方が多いのですが、どうでしょう?これくらいの大きさなら意外とありではないでしょうか!?

BMW 218d スピーカー 取り付け

これでスピーカー交換作業は全て終わりましたので最後に純正プレーヤーに内蔵されている音質調整機能を使いまして全体の音を整えて完成です!

ちなみにブラム S100N24の音質は、明るくハリのあるはっきりとした音ですよ♪

BMW 218d 音質調整

オーナー様は音の変化もツィーターの取り付け後のビジュアルも気にされておられましたが、納車の際に確認していただき、どちらも満足していただきお帰りになられました。

BMW 218d スピーカー交換作業

ちなみにですが、今回取り付けを行った ブラム シグネチャーシリーズ S 100N24 を試聴できるお店は福岡では当店だけらしいですので(九州でも当店だけかな?)、BMW、メルセデス・ベンツにお乗りの方でスピーカー交換したいなぁ、ブラムのスピーカー気になるなぁ、という方はお気軽に聴きにいらしてくださいね^_^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加