アンプレビュー

アンプレビュー

試聴用アンプ
こちらのページではカーオーディオ用外部アンプのレビューを掲載しております。
出来るだけ同じ条件のレビューを掲載するために当店の試聴ディスプレイに取り付けて試聴した物のみを掲載させていただいております。
また、中には現在も試聴ディスプレイに取り付けており、試聴可能なアンプもございます。 試聴可能なアンプには『試聴可』と記載しておりますので、興味がおありの方はお気軽に試聴しにいらしてください。

現行販売のアンプ

ZAPCO ST−4X SQ

50,000円(税抜)

ZAPCO ST4-XSQ
アメリカのブランド、ザプコのエントリークラス ST−Xシリーズ 4チャンネルアンプ ST−4X SQ です。
エントリークラスのため価格は抑えながらも増幅回路に音質に有利となるAB級を採用し、優れたコストパフォーマンスを実現しているモデルです。 バリュエーションも1ch・2ch・4ch・5ch・6chと5種類用意されています。(1chアンプのみD級アンプです)
音色は明るめで、ボーカルをくっきりと鳴らしてくれます。
AB級アンプとしては小型で、ほとんどの車種のシート下に取り付けが可能です。小型でお求め安い価格ですが内臓アンプとの違いはしっかりと体感できますので、初めての外部アンプとしてもおすすめです。

Rockford Fosgate  T600-4

148,000円(税抜)

ロックフォードT600-4
アメリカのブランド、ロックフォード・フォズゲートのパワーシリーズ T600−4
ロックフォードは主に『パワー』『パンチ』『プライム』の3シリーズを展開しており、『パワーシリーズ』その中でも最上位シリーズです。
T600−4は増幅回路に音質に有利となるAB級を採用することによりハイパワーと高音質を両立したモデルです。
音の特徴は低域に厚みがあり、中域はハッキリ、クッキリとした音です。高域は晴れ渡るようなクリアさはありませんが、ハッキリとした音で楽しく聴くことができます。
このアンプであればどんな音楽でも楽しく聴くことができると思いますが、特にバンド系やJPOPなどと相性が良いと思います。

ZAPCO Z−150.2APP

150,000円(税抜)

ZAPCO Z-150.2AP
アメリカのブランド、ザプコのフラッグシップクラス Z−APシリーズ 2チャンネルアンプ Z−150.2AP です。
Z−APシリーズは増幅回路にAB級を採用し、信号経路の最短化や強力な電源回路を搭載し、音質の評価が高いオーディオ専用素子や高剛性高級RCA入力端子を採用。またゲイン調整は各チャンネル独立して調整が可能にするなど、音質を最優先にして設計されているアンプです。
Z−APシリーズにはスタンダードパワーモデルが2ch、4ch、6chと3モデルあり、ハイパワーモデルの2chがラインナップされています。
音色はフラッグシップらしく自然にクリアな鳴り方をします。強いて特徴をあげれば中域重視な感じがありますのでボーカルが少し目立つ感じがあります。
いろんなジャンルの音楽は聴くけどやっぱりボーカル系をよく聞く。という方にオススメのアンプです。

carrozzeria RS-A99x

200,000円(税抜)

カロッツェリア アンプ rs-a99x
日本のブランド、カロッツェリアのフラッグシップシリーズ RSシリーズ4チャンネルアンプ RS−A99x です。
発売開始からだいぶ時間は経っていますが、未だに20万円前後のアンプの中ではトップクラスの実力を備えるアンプです。
音色の特徴としましては繊細で、細やかな音。そして音の粒が見えそうなほどクリアな音です。
カロッツェリアのテーマである『ハイスピード、高解像度』を体現しているアンプなのでとても情報量が高く、素直な音ですが、音の押し出し感が少ないのが弱点です。
女性ボーカルの繊細で伸びやかな声を再現することは得意ですが、ドラムのアタック感などはちょっと苦手です。
静かに語りかけるような女性ボーカルが好きな方におすすめのアンプです。

ETON CORE-A2

400,000円(税抜)

イートン アンプ COREA2
ドイツのブランド、イートンのコアシリーズ 2チャンネルアンプ CORE-A2 です。
イートン35周年記念フラッグシップモデルであるコアシリーズのCORE-A2 は長い期間かけて開発された2チャンネルアンプです。音質を最優先に設計されていますので、内部のプリントパターン、電源回路、レイアウト、回路構成などこだわりのつまったアンプとなっています。
音質の特徴は、全帯域で制動力が高く、カリッとはっきりした音です。特に中・高域は伸びやかに、そして分離感よく奏でます。はっきりとしながらも音に広がりがあるのも特徴です。 
どちらかというと低域より中・高音に魅力のあるアンプですのでギターが煌びやかに鳴って欲しい方にはぴったりのアンプです。

生産が終了したアンプ

HELIX G−TWO

45,000円(税抜)

HELIX GTWO
ドイツのブランド、ヘリックスのGシリーズ 2チャンネルアンプ D−TWO です。
現在、ヘリックスのアンプは6シリーズ販売されていて、Gは下から3番目のシリーズ、ミドルクラスにあたるシリーズです。
G−TWOはお求め安い価格に抑えながらも増幅回路を音質に有利なAB級を採用したコストパフォーマンス機です。 また、ハイレベルインプットに対応しているのでRCA出力の無い純正ナビなどでもダイレクトに接続可能です。
音色はドイツらしく中・低音を重視した音です。全体的に丸みのある音で、嫌味な音がありませんので安心して音楽を聴くことができるアンプです。
全体のクオリティはハイエンド機にはもちろん及びませんが、全体のバランスを取りつつ鳴らしてくれるので、しっかりと内臓アンプとの違いを体感できるアンプです。
どのアンプがいいのかわからないけど、とにかくお手頃にアンプを付けてみたい!という方にオススメのアンプです。(Gシリーズの2chと5chは生産終了いたしましたが、4chは現在も販売中です)

IMAGE DYNAMICS i4500(試聴可)

57,000円(税抜)

イメージダイナミクス アンプ i4500
アメリカのブランド、イメージダイナミクスのエントリークラス4チャンネルアンプ i4500 です。
4チャンネルアンプで57,000円と比較的お手軽な価格のアンプながらとてもバランス良く仕上げられているアンプです。
ハイエンドアンプではないですので多くを望めませんが、全てにおいて70点を取れるバランス良さが売りで、初めての外部アンプや予算が限られている方にとってとてもお勧めのアンプでした。
以前はイースコーポレーションが取り扱っていたのですが、取り扱いをやめてしまったので現在は正規代理店がないのが残念です。

IMAGE DYNAMICS Q450.4(試聴可)

100,000円(税抜)

イメージダイナミクス アンプ Q450.4
アメリカのブランド、イメージダイナミクスのフラッグシップ4チャンネルアンプ Q450.4 です。
イメージダイナミクスといえばサブウーファーを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、スピーカーやアンプも優れたモデルがあります。
そのアンプの中でも上位モデルに当たるQシリーズアンプにあたります。
音の特徴としましてはアメリカンブランドらしい厚みのある太い音で押し出し感が強いです。ですのでロックなど勢いのある音楽をノリよく聴くことができるアンプです。

BRAX Matrix X4(試聴可)

550,000円(税抜)

ブラックス アンプ X4
ドイツのブランド、ブラックスのマトリックスシリーズ4チャンネルアンプ X4 です。
ブラックスのアンプは全モデル大変音質が良くとても人気です。
音色としては全体的に見ると癖のないニュートラルな音です。細かく聴き込んでいくと低域にふくよかさがあるおかげで全体的に厚みのある音が特徴です。 癖がないニュートラルな音ですのでどんなスピーカーとも相性の良い非常に優種なアンプです。
ただ消費電力が多く、発熱量が多いので取り付けを行うときには多少工夫が必要なアンプでもあります。

トップページに戻る

PAGE TOP