パワードサブウーファー取付 セットメニュー

低音が少ない。

音楽好きならいつかはぶつかる不満点。最初から不満に思う方もおられますし、フロントのスピーカーを交換してから不満に思う方、音の良いナビゲーションに交換してから不満に思う方、タイミングはそれぞれだと思いますが音楽を聴くのが好きな方なら大体ぶつかる不満点。それが低音不足です!
中には低音が良く鳴る車や、低音がいらない、という方もおられるので全員ではないですが、やはり低音不足を不満に思われる方は多いです。
そんな方に1番確実で効果の高い解決策が『サブウーファー』の取り付けです!
サブウーファーは低音再生専用のユニットですので、サブウーファーを追加すれば必ず低音の量感が増えます。
ですのでサブウーファー追加が1番の近道なのです。

サブウーファーを取り付ける

サブウーファーを取り付ける

本来、サブウーファーを取り付ける際にはサブウーファーユニットを選び、サブウーファーユニットを鳴らすためのアンプを選び、サブウーファーユニットを取り付けるボックス(エンクロージャー)を製作します。そしてサブウーファーユニットとアンプをつなげるスピーカーケーブル、メインユニットからの音楽信号をアンプに送るRCAケーブル、アンプを動かすための電気を運ぶ電源線(パワーケーブル)が必要になります。これらをひとつひとつ選んでいくのも大変ですし、それなりの金額になってしまいます。

そこまで本格的じゃなくて今よりちょっと低音が良く鳴るようになればいいのになぁ、という方にはサブウーファー取り付けがハードルの高いものになってしまします。ですがご安心ください!
最近ではサブウーファーユニット、サブウーファーユニットを鳴らすためのアンプ、サブウーファーユニットを取り付けるボックスが全て一体になったパワードサブウーファーというものがあります。このパワードサブウーファーの中には接続に必要となる基本的なケーブルまでセットになったお買い得なモデルもありますので、「今よりもちょっと」という方にはこのパワードサブウーファータイプがおすすめです!

パワードサブウーファーの種類

ということでパワードサブウーファーを紹介していこうと思いますが、まずは大きく分けてパワードサブウーファーには2種類タイプがあります。
それが『シート下タイプ』と『ボックスタイプ』です。では早速特徴を紹介していきます!

シート下タイプ

最近の車は車内の居住性を高めたり、シートアレンジができるようになっていますので車内は広いのですが意外とサブウーファーを設置するのにちょうどいい場所がありません。
シート下タイプはそんな問題をクリアするために文字どおりシート下、運転席や助手席の下のスペースに取り付けが出来るようにコンパクトに設計されたパワードサブウーファーです。
ただ、コンパクトなボディの中にサブウーファーユニットとアンプが内臓されていますので大きな出力は出しずらく出力は小さめです。でもトランクなどに設置するよりシート下ならリスナーまでの距離が近くなりますので出力が小さめでも今までよりも低音の量感を強くすることができます。

ボックスタイプ

ボックスタイプのパワードサブウーファーは文字どおり従来からあるようなボックス(エンクロージャー)にサブウーファーユニットとアンプが取り付けられ、一体になっているモデルです。
ただ、従来どおりのボックスですのでサイズはそれなりに大きくなり、取り付ける場所はほとんどトランクに限られます。ですが、大きさの制約がシート下タイプほどありませんので音質やパワー感を発揮できるように設計されています。ですのでシート下タイプより本格的な低音をお手軽に手に入れることができるのです。

タイプ別おすすめパワードサブウーファー

シート下パワードサブウーファータイプ

carrozzeria TS−WX130DA オープンプライス

こちらのサブウーファーは高さが70mmしかなく、縦横も200mm × 280mm とA4サイズより約1cmずつくらい小さい非常にコンパクトなボディです!この大きさならほとんどの車のシート下に取付が可能ですし、そしてお手頃な価格です!(と言ってもオープンプライスですが…)こちらのサブウーファーは接続に必要なケーブルもセットになっていますので、ケーブルのアップグレード無しに付属品のみでの取り付けでしたら、
商品と工賃コミコミ 43,050円(税抜)

ETON USB−6 48,000円(税抜)

ドイツのブランド、イートンから発売されているシート下にも入るコンパクト設計パワードサブウーファーです。こちらは高さが75mmですのでTS−WX130DAより少し高さがありますが、縦横が220mm × 289mm ですのでほとんど同じサイズです。ですのでUSB−6もほとんどの車両に取り付け可能です。そしてこちらのシリーズはもう1サイズ大きい8インチモデルと、さらにもう1サイズ大きい10インチモデルもありますのでシート下に余裕があるのでしたら大きなユニットを選ぶことも可能となっています!
こちらもサブウーファーを接続するのに必要なケーブルがセットになっていますので、ケーブルのアップグレード無しなら、
商品(USB−6)と工賃コミコミ 71,900円(税抜)

ボックス型パワードサブウーファータイプ

audison APBX 8 AS 63,000円(税抜)

イタリアのブランド、オーディソンから発売されているボックスタイプパワードサブウーファーです。こちらは8インチのサブウーファーが取り付けられていて、ボックスタイプながら幅 386mm × 奥行 158mm × 高さ 158mm とかなりコンバクトなボックスとなっています。そしてありがたいことに接続ケーブルを安全かつ簡単に外せるようになっていますので、トランクにたくさん荷物を積みたい時にはすぐに下ろすことができる便利なユニットです。そして8インチモデルのほかに10インチモデルもありますので選択肢があっていいです!
APBX 8 AS はケーブルが付属されていませんので、
商品とケーブル、取り付け工賃合わせて107,500円(税抜)

Rockford Fosgate P300-12 70,000円(税抜)

アメリカのブランド、ロックフォードのボックスタイプパワードサブウーファーです。こちらは12インチのサブウーファーが取り付けられていてアンプも強力なモデルが内蔵されています。こちらも10インチタイプのモデルもありますが、サブウーファーは口径が大きいほどより低い音、大きな音が鳴らせます。ですので低く、大きな低音が欲しいという方には12インチタイプがおすすめです!ただ、12インチタイプですのでボックスのサイズは幅 503mm × 高さ 380mm × 下面奥行 278mm 上面奥行 180mm とちょっと大きめです(^^;; ですがこちらも簡単にケーブルを取り外すことが出来る設計ですので邪魔な時は下ろすことも可能!
P300-12 はケーブルが付属されていませんので、
商品とケーブル、取り付け工賃合わせて114,500円(税抜)

番外編

JBL Bass Pro Micro 45,000円(税抜)

番外編というまででもないですが、ミニバンのウォークスルー部分に取り付けれるかもしれないユニットです!見た目もいいのでウォークスルーに取り付けても違和感はないと思います。
ただ、少し大きい(幅 411mm × 高さ 177mm × 奥行 275mm)のでウォークスルーに取り付けれるかは実車で確認しないとわかりません(^^;;
Bass Pro Micro は他のパワードサブウーファーとちょっと違ってまして、下にちょろっと見えるアンプ部と上のサブウーファーボックス部が分離できます!ですので邪魔な時にはアンプ部だけ残して大きなボックス部分を下ろすことも可能となっています。
Bass Pro Micro はケーブルが付属されていませんので、
商品とケーブル、取り付け工賃合わせて 68,900円(税抜)
(ウォークスルーに取り付けが可能だった場合)
取り付けについて

当ページで紹介しています商品は全てハイレベルインプットがついていますので、純正のナビゲーションでも取り付けが可能です!また、サブウーファーコントロールの内蔵されているメインユニット、ナビゲーションを取り付けておられる方はRCAケーブル(3,100円〜)を別途購入していただいての取り付けの方が断然音が良くなります!自分の車に取り付けできるのかなぁ?取り付けたらどんな感じになるのかぁ?といった疑問、不安のある方はまずはお気軽にお問い合わせください♪

《お問い合わせ》

TEL:092-558-4022

 

※「パワードサブウーファー取り付けメニューを見た」とお伝えください。

営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日

セットメニューページに戻る

PAGE TOP