BMW専用 スピーカー交換 ブラムセット

ドライブに素敵な音楽を!

BMW 音質向上 スピーカー交換

愛車のBMWでのドライブ。それだけでも楽しいドライブが出来ると思いますが、素敵な音楽がお供だともっとドライブが楽しく、充実したものになると思いませんか?
カーライフ、そしてBMWでのドライブをより楽しく、充実したものにするには『音楽』の存在が欠かせない!とお考えのあなたにオススメしたいのが『スピーカー交換』です!
ノーマルオーディオで取り付けられている純正スピーカーからフランスブランド『ブラム』のスピーカーに交換することで今までの音楽が『明るく、クリアな音』に変わりますので、ドライブが楽しく、充実したカーライフを過ごせますよ♪

なぜスピーカー交換がオススメなのか

BMWのスピーカー交換

オーディオは『プレーヤー』『アンプ』『スピーカー』『ケーブル』何を変えても音質が変わります。
ですが、音質が変わっても変化が少ないものや分かりにくいものなどもあります。
その点 スピーカーは最終的に音を出す部分ですので確実に音質が変わり、変化が分かりやすいです。
ですので、しっかりと音質が良くなったことを実感していただきやすく、コストパフォーマンスが高いのでオススメです!

BMWに最適なスピーカー

BMW純正スピーカー

「それならスピーカーを交換しよう!」と思ってもBMWのスピーカー交換には問題があります。
それは『スピーカーのサイズが特殊』だということです。ですのでどんなスピーカーでも取り付けが出来るわけではなく、サイズ条件をクリアしたものだけが取り付け可能です。
そこでオススメなのが『ブラム』のスピーカーです!

ブラム S100N24

ブラム スピーカー BMW

フランスのブランド『ブラム』は長年 カーオーディオ用ハイエンドスピーカーの開発を行ってきた『ギー・ボンネヴィル氏』が代表を務めるブランドで、車内で良い音を奏でることにトコトンこだわった優れたブランドです。
そのブラムから発売されているBMW用スピーカーが『S100N24』です。
BMWに取り付け可能なサイズで設計を行い、なおかつ実際にBMWに取り付けた時に良い音を奏でるように考え抜いて製造されていますので、とてもオススメなスピーカーです!

BMW専用 スピーカー交換 ブラムセット

それではBMWで素敵な音楽を聴くためにオススメのスピーカー交換作業に ブラム S100N24 を採用した『BMW専用スピーカー交換 ブラムセット』の内容を紹介していきます。

スピーカー S100N24

BMW専用スピーカー ブラム_シグネチャーS100N24
取り付けを行うスピーカーはもちろんフランスのブランド、ブラムの S100N24 です。
S100N24の音質の特徴は、ハリとスピード感があり、全体的に少しドライな音色です。そして中音に密度感がありますので ボーカルが1歩前に出てくる印象です。さらに高音が綺麗に伸びていくおかげで瑞々しい歌声を奏でてくれます。
ハリとスピード感のある音質ですのでバンド系もいいですが、ボーカル系の音楽が好きな方にピッタリなスピーカーだと思います。
ちなみに頭文字の『S』はブラムのフラッグシップシリーズである『シグネチャーシリーズ』のSだそうです。

ツィーター取り付け

BMWツィーター取り付け
ツィーターはサイドミラー内側にあります三角パネルの部分に取り付けます。ノーマルオーディオの場合は三角パネル部分にツィーターが取り付けられていませんのでそのままでは取り付けができませんが、ツィーターが取り付け可能なタイプのパネルを用意することで取り付けが可能となります。 パネルはBMW純正部品を取り寄せますのでフィッテングがバッチリなことはもちろん、見た目のデザインが崩れることもありません。(三角パネルは追加料金となっております。13,000円〜25,000円程度)

ハイパスフィルター取り付け

ツィーター用ハイパスフィルター取り付け
ツィーターに高音信号のみを通すハイパスフィルターを取り付けます。
ツィーターは高音を再生することに特化したスピーカーですので、中・低音が入力されると本来の能力を発揮できなくなる上に、最悪の場合壊れて音が鳴らなくなってしまします。
本来の能力を発揮できるように、そしてツィーターが壊れてしまわないようにハイパスフィルターを取り付けます。
ちなみにS100N24のハイパスフィルターはコンデンサーのみの設計となっています。コンデンサーを基盤に取り付けていないのは不要な接続点を減らすことにより音楽信号のロスを減らし、純度の高い信号をツィーターに送り出せるようにするためです。

ミッドレンジスピーカー交換

BMWミッドレンジスピーカー交換
BMW純正スピーカーはドア上部に10cmのミッドレンジスピーカーが取り付けられています。この純正ミッドレンジスピーカーを取り外し、新たにブラム S100N24のミッドレンジスピーカーを取り付けます。
S100N24はBMW用に設計されておりますが そのままでは取り付けができませんのでインナーバッフルをオリジナルで製作し、雨漏れしないように防水対策を行い、しっかりと取り付けを行います。
純正位置に取り付けを行いますので内張りを組み付ければ内装デザインが変わることはありませんし、お車を乗り換えの際に純正スピーカーに戻すことも可能です。

バーチオリジナルインナーバッフル

BMW専用インナーバッフル
ミッドレンジスピーカー交換で少し紹介いたしましたインナーバッフルを『バーチ積層合板』を使ってオリジナルで製作いたします。
インナーバッフルはMDFで製作する事が多いのですが、BMWの場合、取り付けスペースの関係上MDFでは十分な強度のインナーバッフルを製作することができません。そこでMDFよりも強度が高く、オーディオ向きな木材『バーチ積層合板』を使用し、スピーカーを確実に取り付けるための強度を確保します。
強度の高いインナーバッフルにスピーカーを取り付けることでスピーカーが本来の性能を発揮することが出来るようになります。
インナーバッフル表面は防水と制振効果のある特殊塗料を塗って仕上げますので雨水を吸って腐食やカビの心配がありません。

ドア制振(デッドニング)

ドアデッドニング
スピーカーを取り付けている鉄板部分が振動しているとスピーカーが本来の能力を発揮しきれず曇った音になります。 スピーカーに本来の能力を発揮してもらうために不要な振動を抑えるシートをスピーカー周りに貼り付けて制振(デッドニング)を行います。
内張りはスピーカーの音で共振しやすく、この共振が音を曇らせてしまいますので、内張りも同じく『制振シート』を貼り付け制振(デッドニング)し音質劣化を防ぎます。

スピーカー吸音・拡散処理

吸音・拡散処理 スピーカー背面部
ミッドレンジスピーカー裏側鉄板部分に吸音と拡散効果のあるレアルシルト・ディフュージョンを貼り付けます。
スピーカーは振動板が前後に振幅することで音楽を奏でていますので、表側だけでなく裏側にも同じように音を出しています。その裏側から出た音が背面になる鉄板にあたりスピーカーに跳ね返ってくるとスピーカーの動きを邪魔してしまいますので、スピーカー背面部に吸音と拡散効果のあるディフュージョンを貼り付けます。そうすることにより吸音効果で音の跳ね返りを減らし、拡散効果で音の跳ね返る向きが変わり、スピーカーの動きを邪魔する反射音を減らします。

スピーカーケーブル AT−RS110

スピーカーケーブル-AT-RS110
ブラム S100N24を取り付ける際にスピーカーケーブルが必要となりますので、そのスピーカーケーブルをオーディオテクニカ AT−RS110を必要な長さ使用します。
『オーディオテクニカ AT−RS110』は導体にOFCを使っていますのでクセが少なく自然な音質が特徴です。そして車での使用を前提に設計されていますので、走行中の振動や夏場の熱に対する対策が施されていますから安心して取り付けができます。またAT−RS110は日本製ですので品質が安定していることも安心できるポイントです。

金メッキ端子使用

金メッキ端子
スピーカー交換・取り付けを行う際はケーブルと端子を繋げる所や、ケーブルとケーブルを接続するところなど、必ず接続部ができます。
その接続部に酸化に強く、経年劣化に強い金メッキを施した端子を使用します。 車内環境は過酷ですので金メッキ端子を使用することで継続して安定した接続をすることができるようになります。
使用する端子形状はギボシ端子・Y型端子・ファストン端子など接続部に合わせ最適な端子を使用します。

ツィーター位相確認・調整

ツィーター位相確認・調整
ミッドレンジスピーカーとツィーターの音の繋がりが良い位相の状態になっているか確認・調整を行います。
スピーカーは接続の仕方により位相が『正相』と『逆相』があります。車内形状や取り付け場所、オーディオシステム、シートポジションなどによりミッドレンジスピーカーとツィーターが共に正相の状態が音の繋がりが良い場合と、ツィーターだけを逆相の状態にした方が音の繋がりが良い場合があります。
スピーカー取り付け後、まずはスピーカーの接続間違えがないかを確認をし、ツィーターが『正相』と『逆相』どちらが音の繋がりが良いのかを確認し、繋がりが良い方に調整いたします。

メインユニット音質調整

BMWメインユニット音質調整
純正オーディオユニットに内蔵されている音質調整機能を使い音の調整を行います。純正の場合調整機能が少なく、高音、低音、左右バランス、前後バランス調整程度しか調整機能はありませんが、この少しの機能でも適切に合わせていくことで聴こえ方の印象が変わります!ですのでメインユニットに内蔵されている音質調整機能を使い 音のバランスを整えてから納車いたします。
また、納車後に音質調整が好みに合っていない場合にはご希望を伺って再度調整をさせていただきます。

写真撮影

作業箇所の写真撮影をしておりますのでご希望の方には写真の閲覧・データのお渡しをしております。スピーカー取り付け作業は見えない箇所の作業となりますので後からどうなっているのか確認が困難です。ですので、元々どのようになっていて 作業後どのようになったか興味がおありの方には、作業箇所写真の閲覧、または写真データのお渡しをしております。

以上が『BMW専用 スピーカー取付 ブラムセット』の作業内容です。

BMW専用 スピーカー取付 ブラムセット 130,400円(税抜)

BMW専用スピーカー交換ブラムセット
  • スピーカー ブラム S100N24
  • ツィーター取り付け
  • ハイパスフィルター取り付け
  • ミッドレンジスピーカー交換
  • バーチオリジナルインナーバッフル
  • ドア制振(デッドニング)
  • スピーカー吸音・拡散処理
  • スピーカーケーブル AT−RS110
  • 金メッキ端子
  • ツィーター位相確認・調整
  • メインユニット音質調整
  • 写真撮影

上記内容を130,400円(税抜)にて行います!
(注)サイドミラー裏にツィーター取付可能なパネルが付いていない車両の場合ツィーター取り付け部のパネルが別途追加になります。
パネルはご自身で用意されることも、当店で用意することも可能です。
(車種によって金額は変わりますがパネル代は左右でおよそ13,000円〜25,000円くらいです)

当店で取り寄せたことのあるパネルの価格表を作りました。

> パネル価格表

スピーカーの試聴ができます

ブラムS100N24試聴できます

間違いなく音楽を楽しく聴くことができるようになるおすすめのセットですが、どれくらい音が変わるのか・費用に見合うだけの変化があるのか、実際に聴いてみないとわからないですし、不安もあると思います。
ですのでどれだけ音が変わるのか実際にあなたの耳で確認していただけるように試聴用スピーカーを用意しております。
ブラム S100N24 と純正スピーカーを店内試聴ディスプレイに取り付けておりますので、お気に入りの音楽で聴き比べてみてください!

聴いてみた結果、期待していたほどの音ではなかったとしたらスピーカー交換をされなくても構いません。もちろん交換をされなくても試聴は無料ですのでご安心ください。

ちょっとでもBMW純正オーディオの音に不満がある、またはスピーカー交換をするとどんな音になるのか興味がある、という方はお気軽に試聴にお越しください。

スピーカー交換だけでも音は良くなります

スピーカー交換で音は良くなります

「スピーカーを変えるだけで音が良くなるんですか?」 「再生するプレーヤーが純正のままではそんなに変わらないんじゃないですか?」というお声をスピーカー交換される前の方からいただきます。そこはご安心ください!
今までたくさんBMWのスピーカー交換を行ってきましたが、効果を実感出来なかった方はおられません!皆様 交換後の音質向上に満足していただき笑顔でお帰りいただいております。
スピーカーを変えるだけでもしっかりと音は良くなります。安心してスピーカー交換をおまかせください!

BMW作業実績

ブログにて過去の作業を紹介しております。

車種専用

作業ブログは↑の画像をクリック!

作業時間について

作業はお車によっては多少前後することがありますが目安として1日〜2日です。

施工・ご予約の流れ

作業は予約制となっております。
事前に作業希望日、代車の要・不要、車種、年式などをお電話またはメールにてご連絡ください。
また、ツィーターを取り付けるための三角パネルが必要な場合は取り寄せに車検証情報が必要となりますので、車検証のファックスまたは写真をメールにてお送りください。

商品の入荷と作業の空き具合によってはご希望の日程で作業が出来ない場合もありますが、その際には状況を見ながら日程を相談させていただきます。

作業のご予約、お問い合わせは
お電話もしくはメールで!
ご不明な点や些細な疑問点も
お気軽にどうぞ♪

《お問い合わせ》

TEL:092-558-4022


※「BMW専用スピーカー交換 ブラムセットを見た」とお伝えください。
営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日

PAGE TOP