ブログ

本日はミニ クラブマン のフロントスピーカーを交換させていただいた作業を紹介いたします。

こちらのオーナー様はサウンドオプションをつけてお車を購入しようと検討されておられたそうなのですが、サウンドオプションを付けることによって納期がだいぶ遅くなってしまう。とうことでサウンドオプションを断念されたそうです。
その代わりとしてスピーカーだけでも交換したい!ということでご相談いただきました。

当初はセパレートタイプのスピーカーを取り付ける内容でお話をさせていただいておりましたが、ミニの純正ツィーター取り付けパネルはAピラーになりまして、意外と高いです・・・
かといってダッシュボードの上などにツィーターを取り付けることにも抵抗がある。
ならばいっそコアキシャルスピーカーにしよう!
と言った感じで今回はオーディソンのコアキシャルスピーカーをお選びいただきました。

それでは作業に取り掛かっていきます。

ミニクラブマンのフロントドア内張

まずは作業前の純正の状態です。
一見するとスピーカーはどこ?と言った感じのデザインですね。

ミニクラブマンのフロントドアスピーカー

スピーカーの位置はドアノブの横、ドアの上端にあります。

ミニクラブマンのフロントドアスピーカー

先程の内張を取り外してみるとこのようにスピーカーが取り付けられています。
車両はミニですが、スピーカーはBMWと同じものが取り付けられていますね。

ミニクラブマンのフロントドアスピーカーを取り外し

先程のスピーカーを交換していきますのでまずは取り外します。
そうすると樹脂製のマウント部が残ります。
BMWと同じスピーカーが使われていますが、BMWの場合はほとんどの車種で鉄板に直付けされている感じです。
それに対してミニの方はほとんどの車種で写真のような樹脂マウントが使われています。

ミニの純正スピーカーとオーディソンのスピーカー

取り外したスピーカーと新しく取り付けるオーディソンのスピーカーを並べてみました。
取り付けるオーディソンのスピーカーは『APBMW X4E』です。
品番にBMWとつくのでBMW専用になっておりますが、ミニも同じスピーカーを採用しておりますので同じく取り付けが可能となっております。
そして専用設計ですので形状は純正と同じになっています。
ただ、純正はフルレンジ仕様ですが、オーディソンの方が真ん中にツィーターがついてコアキシャルタイプとなっております。

ミニの純正スピーカーとオーディソンのスピーカー

ついでに裏側も見比べてみましょう。
ビス位置とマウントと設置する部分の形状は同じですが、マグネットサイズ、フレーム形状は違いますね。
あとは写真ではわかりにくいですが、純正は樹脂製なのに対してオーディソンはアルミフレームで強度があります。

ミニクラブマンのスピーカーケーブルを移動

スピーカーを見比べたところで取り付けなのですが、純正スピーカーはスピーカーの表側にケーブルを接続する部分があるのに対してオーディソンは裏側になってしまいます。
ですので樹脂マウントの側面に穴を開けてスピーカーケーブルを裏側に通しておきます。
(穴を開けた部分はきちんと防水処理をしております)

ミニクラブマンのドアにオーディソンのスピーカーを取り付け

あとはスピーカーケーブルを接続後、樹脂マウントにスピーカーを取り付けて完成です!

ミニクラブマンのドアにオーディソンのスピーカーを取り付け

最後に内張を取り付ければ見た目は変わっておりませんが、スピーカー交換完了です!

ミニクラブマンのオーディオ音質調整

最後に純正オーディオに内蔵されている音質調整機能を使って全体の音を整えてから納車させていただきました。

ミニ クラブマン スピーカー交換

と言った感じで本日はミニ クラブマン のフロントスピーカー交換作業を紹介させていただきました。

最後にちょっと雑談。
近頃だいぶ日が長くなって気がしますね。
あんまり日が短いとなんとなく急かされている気がします^^;
だからと言って何があるわけではないのですが笑
それでも明るい時間が長いとちょっと嬉しく感じでしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加