アンプ内蔵プロセッサー取付 入門コース

まずはプロセッサーの効果を実感していただきたい

カーオーディオではプロセッサーを取り付けた方が音が良くなる。とか、プロセッサー無しでは良い音にならない。などと言われたりします。
ですが、今までプロセッサーを取り付けたことが無い方にとっては今ひとつ音がどう変わるのか、どんな効果があるか想像しにくいものだと思います。
なので、まずはプロセッサーを取り付けてみる。どんな効果があるのか自分の車で体験してみるために出来るだけ費用を抑えた入門コースをご用意いたしました。
ただ費用を抑えただけでなく、今後システムアップも出来る内容でコースを設定させてもらっています。
まずは入門コースからプロセッサーの効果をご自身の車で体験してみませんか!?

アンプ内蔵プロセッサー取付 入門コース

プロセッサー

アンプ内蔵プロセッサー
まずはお好みの『アンプ内蔵プロセッサー』をお選びください。
どの『アンプ内蔵プロセッサー』がいいのか迷った際にはプロセッサーの役割を紹介しているページでおすすめの『アンプ内蔵プロセッサー』も紹介しておりますので そちらを参考にしていただけると幸いです。
もちろんご相談いただけましたらオススメのアンプ内臓プロセッサーを紹介させていただきます。

> オススメのアンプ内臓プロセッサー

アンプ内蔵プロセッサー取り付け

アンプ内蔵プロセッサーシート下取り付け
アンプ内蔵プロセッサー本体は運転席or助手席下に取り付けます。
シートの前後稼働やシートリフトなど普段のお車の使用に影響がないように取り付けをさせていただきます。
シート下に取り付けますのでほとんどの車両でアンプ内蔵プロセッサーを取り付けているのがわからないくらい目立たなくなりますし、車内の居住空間に干渉しません。

スピーカーケーブル接続

スピーカーケーブル接続
プロセッサーを取り付けることの大きなメリットとしまして、1つ1つのスピーカーを個別に音質調整・コントロール出来るようになる。ということがあります。
ただ、そうするためには各スピーカーに1本ずつスピーカーケーブルを接続する必要があります。
そうするとスピーカーケーブル代や配線作業の工賃がかさんでしまいますので総額が高くなりやすいです。
入門コースはまずはプロセッサー(DSP)がどのような効果を発揮するのかお試しいただくためのコースですので、出来るだけ費用を抑える内容とするためスピーカーケーブルは純正のケーブルを流用した接続を行います。
具体的にはプロセッサーからプレーヤー裏側まではスピーカーケーブルを新設しますが、プレーヤー裏側から各スピーカーまでは純正ケーブルを使用する方法で接続します。

電源ケーブルセット

電源ケーブルセット
アンプ内蔵プロセッサーは通常の外部アンプと同様のアンプが内臓されています。
ですのでしっかり電力供給をしてあげることでパワフルな音楽再生が可能です。
そのために高品質で安全性の高い オーディオテクニカ プラズマスケール 8G を新たにバッテリーからアンプ内臓プロセッサーまで配線いたします。
そして安全性を高めるために必須となるヒューズホルダーとヒューズは確実な接続と長期安定性が特徴のMIDIタイプを使用します。
ヒューズは取り付けるアンプ内蔵プロセッサーの消費電流に合わせたものを選んで取り付けます。

スピーカーケーブル

スピーカーケーブル カナレ4S8
入門コースでは出来るだけ純正スピーカーケーブルを使用しますが、プレーヤーから信号を取り出しアンプ内臓プロセッサーまでと、アンプ内蔵プロセッサーから出力されたケーブルを純正ケーブルと接続するまでの部分にスピーカーケーブルが必要となります。
その部分にカナレの『4S8』を使用します。
4S8はお手頃な価格ながら作りのしっかりとしたケーブルで、コストを抑えたい場合にはおすすめのケーブルとなっております。

プロセッサー取り付け確認、初期設定

プロセッサー初期設定
取り付け後は確実に取り付けが行われているか確認いたします。 そして確認後はプロセッサーの初期設定を行います。 この初期設定を適切に行わなければ音質が良くならなかったり、ノイズ発生の原因になることがありますので、適切に初期設定を行います。

音質調整

プロセッサー音質調整
初期設定後は音質調整を行います。 プロセッサーはとても細かく音質を調整することが可能です。 細かく音質を調整可能だということはより好みの音に仕上げることが可能となる反面、音質項目が細かくなるほど知識と経験とセンス、そしてちょっとしたコツが必要となります。 なので、プロセッサー取り付けを専門店に依頼する1番のメリットはこの音質調整にあると思います。 知識と経験とセンス、そしてちょっとしたコツを熟知した専門家による音質調整の方が確かな音質を早く得ることができますよ!

写真撮影

作業中の写真をポイントごとに撮影しておりますので、作業後に確認されたい、ご自身のブログなどに掲載されたい方は写真の閲覧、データのお渡しをしております。

上記の内容で取り付け作業をさせていただきます。

アンプ内蔵プロセッサー取付 入門コース

76,990円(税込)

アンプ内蔵プロセッサー取付 入門コース
  • お好みの『アンプ内蔵プロセッサー』
  • アンプ内蔵プロセッサー シート下取り付け
  • スピーカーケーブル カナレ『4S8』
  • 電源ケーブル8Gセット
  • ケーブルワイヤリング、接続
  • 取り付け確認
  • プロセッサーの調整機能を使った音質調整
  • 写真撮影

お好みのアンプ内蔵プロセッサーをお選びいただいたら 上記内容の取り付けを
アンプ内蔵プロセッサー代 + 76,990円(税込)にて行わせていただきます。

例えば、

オーディソン プリマ AP 4.9bit をお選びいただいたら、
83,600円 + 76,990円 = 160,590円(税込)

マッチ PP−62 DSP をお選びいただいたら、
104,500円 + 76,990円 = 181,490円(税込)

ヘリックス P−SIX DSP MKII をお選びいただいたら、
198,000円 + 76,990円 = 274,990円(税込)

となります。

作業時間

取り付けに要する作業時間はお車によって多少変わりますが、およそ2日〜3日です。
お車をお預かりしている際に代車もありますので、お気軽にご利用ください。

入門コースはまずはプロセッサーを取り付けることを目標としています。
音質調整機能が増え、アンプの出力が大きくなることでどのように音質が変わるのかを体感していただくことが目的です。
そして、取り付けるアンプ内蔵プロセッサーによってはスピーカーケーブルを変更したり、接続方法を変えることでもっと音を良くしていくことも可能となっております。

当コースではプロセッサーの能力を最大限引き出すことはできませんが、きっと良さを体験したいただけます!
まずは気軽にプロセッサーデビューしませんか!?

作業のご予約、お問い合わせはお電話もしくはメールで!
ご不明な点や些細な疑問点もお気軽にどうぞ♪

《お問い合わせ》

TEL:092-558-4022



「アンプ内蔵プロセッサー取付 入門コースを見た」とお伝えください。
営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日

アンプ内臓プロセッサー取付メニューに戻る

PAGE TOP