スピーカー取付 入門コース

まずはスピーカー交換の効果を実感していただきたい

純正スピーカーを交換することでどれほど音が良くなるのか、聴いている音楽がどういう風に聴こえるようになるのかを感じていただきたい!
そういう思いで『入門コース』をご案内させていただきます。

初めてスピーカーを交換するのに いきなり上級スピーカーで、こだわりの取り付けをするのもかなりの勇気が必要だと思います。
ですので、まずはスピーカーを交換する。 取り付けにもこだわり過ぎない。
そうすることで初期費用が抑えられることはもちろんのこと、スピーカー交換後に「もう少し音質をよくしたいなぁ」と考えた時にシステムアップの選択肢を多く残しておくことができます。

まずはスピーカーを交換してみることで車内で音楽を聴くこと、そしてカーオーディオの『楽しさ』に触れてみませんか!?

スピーカー取付 入門コース

ドアスピーカー取り付け

ドアスピーカー取付
ほとんどの車種でスピーカーはドアに取り付けられています。 ですので、ドアの内張り(内装)を取り外し、純正スピーカーを取り外したのち新しくお選びいただいたスピーカーを取り付けます。
純正スピーカーはスピーカーケーブルとの接続部が専用カプラーになっていますのでカプラー部を加工して取り付けを行うスピーカーに合わせた接続端子に変更してからスピーカーケーブルを接続いたします。

純正スピーカーを取り外し、新しくスピーカーを取り付ける作業ですので特別なことは無いのですが、ちょっとした気遣いや工夫で音質は変化いたしますし、車両へのダメージを軽減することも出来ます。
ですので基本に忠実に、きっちりと取り付けをさせていただきます。
そしてスピーカー取付後は内張り(内装)を元通りに組み付けますので 内装のデザインが崩れることはありません。

ツィーター取り付け

ツィーター取り付け
ツィーターの取り付けはダッシュボード上の最適な位置に 跡の残りにくい両面テープを使い行います。
取り付けを行う車両によりダッシュボードの形状、ガラスまでの距離などが違う上に、取り付けを行うスピーカーによって付属してくるツィーターマウント(取り付土台)が違います。ですので車両、スピーカーに合わせて最適な位置に最適な角度となるよう取り付けをさせていただきます。
車両乗り換えのことも考え、取り付けには跡の残りにくい両面テープを使用しております。
純正でツィーターが付いている車両の場合は純正位置にツィーターを取り付けることも可能です。

パッシブネットワーク取り付け

パッシブネットワークはスピーカーに最適な仕事をしてもらうために音楽信号をツィーターとドアスピーカーに分配する仕事をするユニットです。
このパッシブネットワークを音質的に適切な場所、そして運転などの邪魔にならない場所に取り付けを行います。
パッシブネットワークを接続するために純正のスピーカーケーブルをカットすることがありますが、後から純正に戻すことも可能なようにカット、処理をいたします。

スピーカーケーブル

基本的な部分は純正のスピーカーケーブルを使用します。ただ、新たにスピーカーを取り付ける際に純正スピーカーケーブルだけでは長さが足りない部分が発生いたします。その足りない部分にはカナレ 4S8を適切な長さ使用いたします。
カナレ4S8はカーオーディオ用のスピーカーケーブルではありませんが、価格が安く、比較的音質よ良いので入門用としてはピッタリのスピーカーケーブルとなっています。

インナーバッフル

インナーバッフルはドアスピーカーをドア鉄板部分に取り付けるための土台となるものです。
インナーバッフルは材質を積層合板にしたり、金属製にすることで音質を高めていくことができますが、金額も高くなってしまいますので、メーカー製木製インナーバッフルを使用し、金額を抑えて取り付けを行います。
ただ、メーカー製のインナーバッフル内径とスピーカーの取付径が合わないことがありますので、その際にはインナーバッフルの内径を拡大してスピーカーに合うようにしてから取り付けを行います。(加工が必要な際には追加料金を頂いております)

ドアスピーカー周り制振(デッドニング)作業

ドア制振(デッドニング)は取り付けたスピーカーの能力をしっかりと発揮してもらうためには必要な作業です。
ですが、制振作業もこだわればこだわるほど費用がかかってしまいますので、まずは最低限。もっとも振動しやすいスピーカーの周りのみをオーディオテクニカのブチル系制振材 AT7450を貼り付けて制振(振動抑制)いたします。

各所接続端子

スピーカー取り付けを行う際には 純正スピーカーケーブルからの信号取り出し部・パッシブネットワーク部・スピーカー接続部など各所に接続部が発生します。その接続部をテキトウにつなげていると不具合や故障の原因となってしまいます。ですので適切な端子を用いてしっかりと接続を行います。
主に使うのが、ギボシ端子、Y型端子、ファストン端子(スピーカー端子)です。
ギボシ端子は日立オートパーツのスズメッキ(光沢仕上)を使用し、Y型端子、ファストン端子はオーディオテクニカの金メッキ端子を使用します。

メインユニット音調整

オーディオプレーヤー、ナビゲーションに内蔵されている音調整機能を使い音の調整を行います。純正などの調整機能が少ないユニットでも高音、低音、左右バランス、前後バランス機能は付いていますので、そちらを使って全体の音質を整えてから納車させていただきます。
また、納車後に音の調整がしっくりこない場合や、こんな音質がいい、などのご希望がある際には再度音質調整をさせていただきます。

パッシブネットワーク調整

ほとんとのパッシブネットワークにはツィーターのレベル(音量)調整が内蔵されています。このレベル調整機能を使って車両、取り付け、好みの音に合わせたツィーターレベルに調整いたします。

スピーカー位相調整

スピーカーは接続の仕方により位相が正相と逆相があります。ドアスピーカーとツィーターの取り付け位置によって、ドアスピーカーとツィーターを正相で接続した方が音のつながりが良い場合と、ツィーターだけを逆相で接続した方が音のつながりが良い時があります。
作業後、調整の際に接続の間違えがないかを確認し、ツィーターが正相と逆相どちらが音のつながりが良いのかを調整してから納車いたします。

写真撮影

作業箇所の写真撮影をしておりますのでご希望の方にはデータをお渡しいたします。作業後、内装を組み付けてしまえばドアの中がどうなっているかなどはわかりません。ですので、作業箇所の写真をポイントごとに撮影しておりますので、ご希望であれば写真の閲覧、データのお渡しをしております。

『スピーカー取付 入門コース』は上記の内容で作業をさせていただきます。
作業内容がわかれば次に気になるのが金額ですよね!

スピーカー取付 入門コース 29,900円(税抜)

  • ドアスピーカー取り付け
  • ツィーター取り付け
  • パッシブネットワーク取り付け
  • スピーカーケーブル カナレ 4S8
  • メーカー製インナーバッフル
  • ドアスピーカー周り制振(デッドニング)
  • 各所接続に必要となる端子
  • メインユニット内臓の音調整
  • パッシブネットワーク内臓のツィーターレベル調整
  • ドアスピーカー、ツィーターの位相確認、調整
  • 作業箇所の写真撮影

上記内容を 29,900円(税抜)にて行います!あとは取り付けるスピーカーを選ぶだけ。例えばカロッツェリアの入門機 TS−F1740Sの場合、
スピーカー代 16,000円 + 入門コース 29,900円 = 45,900円(税抜)となります。

もう少しグレードを上げてフォーカルのエントリーモデル PS 165 V1 の場合、
スピーカー代 40,000円 + 入門コース 29,900円 = 69,900円(税抜)となります。

作業時間について

作業は取り付けを行う車両にもよりますが 半日〜1日程度です。
お車をお預かりしている間の代車(軽自動車)もありますのでお気軽にご利用ください。

スピーカー試聴

取り付けるスピーカーを選ぶ際に間違いない方法は実際に聴いてみることです。

当店はスピーカーをお選びいただく際に参考にしていただけるように試聴スピーカーを用意しております。 スピーカー選びで悩んだらまずは実際にあなたの耳で聴いてお確かめください♪

> 試聴用スピーカー

作業のご予約、お問い合わせはお電話もしくはメールでお気軽にどうぞ♪

《お問い合わせ》

TEL:092-558-4022


※「スピーカー取付 入門コースを見た」とお伝えください。

営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日

©  TONE All Rights Reserved.
PAGE TOP