スピーカー取付 ハイトコース

システムアップも見据えた内容です

スピーカー取付コースなのでスピーカーを取り付けるということがテーマとなっているコースです。ですが、スピーカーを取り付けるだけがカーオーディオのゴールではありません。サブウーファーを追加したり、外部アンプを追加したり、プロセッサーを追加したりとスピーカーを取り付けた後もシステムアップしていくことでカーオーディオ、そして音楽を楽しむことが出来ます。

そんなシステムアップをしていく中で一つ一つの作業をしっかりと行っていくことで最終的にとてもクオリティーの高いオーディオシステムが完成し、素敵な音楽の時間を楽しむことが出来るようになります
ですのでハイトコースはスピーカー取り付けの次のステップ。システムアップもしていきたいとお考えの方にも満足していただけるコースとなっております!

スピーカー取付 ハイトコース

ドアスピーカー交換

スピーカー交換
ドア内張り、純正スピーカーを取り外したのち、新しくスピーカーを取り付けます。ハイトコースではスピーカーケーブルを新たに配線いたしますので、純正スピーカーに接続されていたスピーカーケーブルは邪魔にならないところに、振動でガタついたりしないようにしっかりと固定します。
スピーカー取り付け作業はドライバーでスピーカーを突いてしまうなどの事故が起きやすい作業です。ですので細心の注意をしながら適切なトルクでビスを締めつけ取り付けをいたします。
スピーカー交換の際には雨水などの侵入がないように不要な隙間が出来ないように。もし隙間ができる際には雨水が侵入しないように対処します。
スピーカー交換後は元通り内張りを組み付けますのでドアのデザインが変わることはありません。

ツィーター取り付け(Aピラーワンオフ加工)

Aピラーツィーターマウントワンオフ製作
ツィーター取り付けはAピラー部分に専用のマウントをオリジナル製作し、取り付けを行います。
ツィーターは高音を出力するスピーカーです。高音は特性上 直進性が強く、音が広がりにくいです。そのため適切な角度、高さで取り付けを行わなければ 不要な音の反射が増えたり、高音が聴こえづらい。などの原因になってしまします。
それらの現象を回避し、綺麗な高音で音楽を楽しめるようにするためにツィーターをAピラー部分に取り付けます。
加工の際には自然な形状で製作させていただきますので、見た目にも満足度が高く、目でも楽しむことが出来ます。
(Aピラー加工はツィーターが大型の場は4,000円。ピラーが2股の場合は6,000円追加料金が発生致します)

スピーカーケーブル AT−RS180P

スピーカーケーブル AT-RS180P
スピーカーケーブルはオーディオテクニカのAT−RS180P を使用します。
AT−RS180Pはオーディオテクニカのミドルクラススピーカーケーブルで、バランスのとれた自然な音色が特徴です。その理由は導体に使用されている高純度銅にあります。身の回りの電気を通すケーブルはほとんどが銅で構成されています。なのでほとんどの方が普段から銅の音色を聴いていることになります。聴き馴染みのある音色が自然に感じるのは当たり前ですよね?AT−RS180Pはその銅のさらに高純度で良質なモノを導体に採用していますので、バランスのとれた鮮度の高い自然な音を奏でてくれます。
また、車用に設計されておりますので耐熱、耐衝撃生に優れ、有害な振動を減衰させる構造をしていますので、安心して使用することができます。

配線作業(スピーカーケーブル)

スピーカーケーブルワイヤリング
先ほど紹介したスピーカーケーブルをメインユニットやナビゲーションなどの音楽信号出力部からパッシブネットワーク介してツィーター、ドアスピーカーに不要な接続部を作ることなく配線いたします。
配線作業の際には車の操作に支障が出る場所を避け、鉄板の角でケーブルが損傷しないように配慮しながら引き回していきます。
純正のスピーカーケーブルを抜き取るのですか?と質問をいただくことがありますが、純正スピーカーケーブルを抜き取る作業はとても時間がかかる作業となってしまいますので、抜き取らずそのまま車両に残した状態にいたします。

パッシブネットワーク取り付け

パッシブネトワーク取り付け
スピーカーに付属しているパッシブネットワークを適切な場所に取り付けます。
パッシブネットワークは音楽信号出力部から送られてきた音楽信号をツィーターとミッドバスにとって最適な帯域に分割し、送り出す仕事をしています。
パッシブネットワークは帯域分割という繊細な作業をしていますのでノイズに弱いので取り付けは見た目も考慮しながらノイズの乗りにくい場所を選び取り付けを行います。
小型のパッシブネットワークの場合は見えないところへの取り付けを行いますが、中型以上のサイズのパッシブネットワークはシート下などの邪魔にならない場所に取り付けを行います。

オリジナル カスタム インナーバッフル(バーチ積層合板)

オリジナルインナーバッフル バーチ
バーチ積層合板を使いオリジナルインナーバッフルを製作し、取り付けを行います。
インナーバッフルをオリジナルで製作するメリットは主に2つあります。1つ目は既成のインナーバッフルでは取り付けが出来ないスピーカーでも取り付けが出来るようになること。 2つ目はスピーカー、取り付け車両に合わせて最適な厚み、サイズで設計が出来るようになり、結果音の良いインナーバッフルになる。
今回使用するバーチ積層合板は一般的なMDFよりも強度がありますのでスピーカーを取り付けるのに最適で、なおかつ響きが明るく綺麗ですのでより良質なインナーバッフルを製作することができます。
オリジナルインナーバッフルは形が出来上がった後に防水と制振効果のある特殊塗料を塗って仕上げます。

ドア制振作業(インナーパネル 全面制振ミドル)

インナーパネル全面制振ミドル デッドニング
ドアスピーカーを取り付ける鉄板を全面制振いたいます。
全面を行なうメリットは、スピーカー取り付け部の不要な振動を抑制できることと、スピーカー背面で発生している逆相音が表側に回り込んでくることを抑制できることです。
振動と回り込みを抑制することで、低音が引き締まった音になったり、ボーカルがクリアに聴こえるようになったり、音のスピード感が増したりと 様々な効果があります。
インナーパネル 全面制振ミドル はサービスホール(大きな穴の部分)は制振効果が高く、強度があり破れにくい素材、レアルシルトのハイグレード版『匠』を使用して穴を塞ぎます。そして残りの鉄板部分は凹凸の追従性がよく、振動を効果的に抑制するブチル系の制振材、オーディオテクニカのAT7450を貼り付けていきます。

ドア制振作業(アウターパネル 部分制振ハイグレード)

アウターパネル部分制振ハイグレード デッドニング
ドアスピーカーを外した奥に見える鉄板、アウターパネルを制振・吸音・拡散いたします。
スピーカー前後に動いて音を出していますので 表側だけでなく裏側にも音を出しています。その裏側から出た音を一番近くで受け止め、共振しやすい場所がスピーカー真後ろの鉄板です。このスピーカー真後ろの鉄板部分をレアルシルトのハイグレード制振材『匠』を部分的に貼り付け制振いたします。
制振材の上にさらに音を吸収し反射しにくくする効果と、音をただ反射するのではなく効果的に拡散し、エネルギーを分散する効果のある レアルシルト ディフュージョンを貼り付けます。
スピーカー背面の鉄板部を制振・吸音・拡散処理をすることでスピーカー裏側から出た音が反射し、スピーカーに悪影響を与えることを抑制します。

ドア制振(内張 部分制振ハイグレード)

内張制振部分ハイグレード デッドニング
ドア内張の裏側に制振材を部分的に貼り付けます。
内張はスピーカーの表側に位置している上に、ほとんどが樹脂製ですので、スピーカーからの音で共振しやすい部分になります。共振により不要な音を出してしまいスピーカーからの音と混ざり、音楽を濁らせてしまう原因になりますので、振動しやすい部分を選び 効果的に共振を抑制します。
貼り付ける制振材はオーディオテクニカのハイグレードブチル制振材アクワイエ AT7550Rを貼り付けていきます。

各所接続端子

金メッキ端子
ケーブル接続部に適切な端子を使いしっかりと接続を行います。
スピーカー取り付け、そしてスピーカーケーブルを新規配線する際には可能な限り接続部分を減らしても音声信号出力部、パッシブネットワーク部、スピーカー接続部など各所に接続部ができます。その際、不適切な接続をしていると後に接続不良を起こしたり、ユニットに不具合が起きてしまうことがありますので接続部はギボシ端子、Y型端子、ファストン端子(スピーカー端子)などを使いしっかりと接続します。そして音声信号が通る接続部に使う端子は全てオーディオテクニカの金メッキ端子を使用します。

メインユニット音調整

音質調整メインユニット
オーディオプレーヤー、ナビゲーションに内蔵されている音調整機能を使い音の調整を行います。
純正などの調整機能が少ないモデルでも高音、低音、左右バランス、前後バランス機能は付いていますので、そちらを使って音を整えてから納車させていただきます。本格的な音調整機能が内蔵されているオーディオプレーヤーやプロセッサーが取り付けられている場合はタイムアライメント、クロスオーバー、スピーカー位相、スピーカーレベルなどの調整を行って音を整えます。
また、納車後に音の調整がしっくりこない際には再度ご希望を伺って再調整もいたします。

パッシブネットワーク調整

パッシブネットワーク内臓のツィーターレベル調整機能を使い、ツィーターレベルを調整いたします。
ほとんとのパッシブネットワークにはツィーターの音量を調整する機能が内蔵されています。この音量調整機能を使って車両、取り付け、好みの音に合わせたツィーター音量に調整いたします。
オーディオプレーヤーやナビゲーションの音調整機能でも高域の強弱の調整は可能ですが、その前にツィーター自体の音量を適切に合わせておくことで最終的な音の仕上がりに差が出ますのでオーディオプレーヤーやナビゲーションの音調整機能に頼りっぱなしではなくパッシブネットワークでもツィーターの音量を適切に調整いたします。

スピーカー位相調整

ドアスピーカーとツィーターの音のつながりがいい位相の状態に調整を行います。
スピーカーは接続の仕方により位相が正相と逆相があります。ドアスピーカーとツィーターの取り付け位置や条件によって、ドアスピーカー、ツィーター共に正相の状態が音のつながりが良い場合と、ツィーターだけ逆相の状態の方が音のつながりが良い時があります。
スピーカー取り付け後、調整の際にまずは接続の間違えがないかを確認をして、ツィーターが正相と逆相どちらの状態が全体の音のつながりが良いのかを確認し、つながりが良い方に調整してから納車いたします。

写真撮影

作業箇所の写真撮影をしておりますのでご希望の方には写真の閲覧、データのお渡しをいたします。
スピーカー取り付け作業の大半は内張の中など見えないところです。ですので作業前、作業中、作業後の状態を見ることができませんので、作業前がどのようになっていて、作業後どのようになったか分からないです。
作業箇所の写真をポイントごとに撮影しておりますので、ご希望であれば写真の閲覧、データのお渡しをしております。

スピーカー取付 ハイトコースは上記の内容で作業をさせていただきます。

スピーカー取付 ハイトコース 217,150円(税抜)

  • ドアスピーカー取り付け
  • ツィーターマウントワンオフ製作 Aピラー部
  • スピーカーケーブル オーディオテクニカ AT−RS180P
  • スピーカーケーブルダイレクト配線
  • パッシブネットワーク取り付け
  • バーチ製オリジナルインナーバッフル製作
  • ドアのインナーパネル 全面制振
  • ドアスピーカー裏 部分制振、吸音、拡散処理
  • 内張部分制振
  • 音楽信号の通る接続部に金メッキ端子使用
  • メインユニット内臓の音調整機能を使った音調整
  • パッシブネットワーク内臓のツィーターレベル調整
  • ドアスピーカー、ツィーターの位相確認、調整
  • 作業箇所の写真撮影

上記内容を 217,150円(税抜)で行います!あとは取り付けるスピーカーを選ぶだけ。

DS−G500
例えばダイヤトーンの DS−G500 をお選びいただいた場合、
スピーカー代 160,000円 + ハイトコース 217,150円 = 377,150円(税抜)となります。
ブラックスグラフィック
もう少しグレードを上げてブラックスのグラフィックシリーズ GL1とGL6の組み合わせの場合、
スピーカー代 200,000円 + ハイトコース 217,150円 = 417,150円(税抜)となります。
(グラッフィックシリーズにはパッシブネットワークがありませんので、パッシブネットワークを製作するか、デジタルマルチシステムでの取り付けとなります)

作業時間について

作業はお車にもよりますが目安は1週間前後です。

お車をお預かりしている間の代車(軽自動車)もありますのでご安心ください!

スピーカー試聴

スピーカーの試聴

取り付けるスピーカーを選ぶ際にオススメの方法は実際に聴いてみることです。当店は試聴できるスピーカーをご用意しております。 スピーカー選びで悩んだらまずは実際に聴いてみてください♪ きっといい出会いがありますよ!

> 試聴用スピーカー

作業のご予約、お問い合わせはお電話もしくはメールで!

ご不明な点や些細な疑問点もお気軽にどうぞ♪

《お問い合わせ》

TEL:092-558-4022



※「スピーカー取付 ハイトコースを見た」とお伝えください。

営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日

スピーカー取り付けコースページに戻る

PAGE TOP