メルセデス・ベンツ専用 スピーカー交換 ライトセット

メルセデスの純正オーディオをちょっとグレードアップしませんか?

メルセデスベンツ専用スピーカー交換

メルセデス・ベンツにお乗りの方、特にCクラスにお乗りの方で「純正オーディオの音が思っていたより悪い」とおっしゃる方が多いです。
実際に車内で聴いてみると『なんとなく暗く、ボワン』とした音をしています。
車内で音楽を聴くことが好きな方にとってはこんな音質ではドライブの楽しさが半減してしまいますよね(^^;;
だからと言ってカーオーディオにコダワリたい!というわけでもない方にちょうど良い『比較的お手頃価格で、純正よりも良い音・普通に聴ける音』にするスピーカー交換セットを紹介いたします!

メルセデス・ベンツ専用 スピーカー交換 ライトセット

取り付けるスピーカー

マッチのメルセデスベンツ戦用スピーカーup_c42mb_frt
ドイツのブランド、マッチから発売されている メルセデス・ベンツ専用スピーカー『UP C42MB-FRT』を取り付けます!
メルセデス・ベンツのスピーカー構成は一般的な国産車とは違い少し特殊なうえ、取り付けられているスピーカーサイズも一般的なサイズとは違いますので汎用スピーカーをそのまま取り付けることが不可能です。
ですのでメルセデス・ベンツ専用に設計・製造されている専用スピーカーを取り付けます。
特徴としましては、車両側へのダメージ無しに取り付けが出来るようになっており、その中でもしっかりとした駆動力を持たせためにツィーター・ミッドレンジ共にマグネットは強力な磁力を持ったネオジウムを採用しています。
そしてツィーター・ミッドレンジが最適な音を奏でるために専用のパッシブクロスオーバーネットワークが付属しています。
このパッシブクロスオーバーはツィーターのアッテネーター(音量調節)が3段階内蔵されていますので、オーナーの好みに合わせた高音音量に調整可能です。
純正スピーカーから『UP C42MB-FRT』に交換することで確実に純正よりも楽しく音楽を聴くことが出来るようになります。

ツィーター取り付け

メルセデスベンツのミラー裏にツィーター取り付け
ツィーターはサイドミラーの車内側にあります三角パネルの部分に取り付けます。
Eクラスの場合はこの場所にツィーターが取り付けられているのですが、Cクラスの標準オーディオの場合はこの場所にツィーターが取り付けられていません。
ツィーターが無いということが全体的に暗い音になっている原因です。
なので三角パネルの場所へツィーターを追加することで明るい音に変わります。
もちろん『UP C42MB-FRT』のツィーターは純正のツィーターよりクオリティの高いものになりますので純正ツィーターが付いている車両でも交換することで高音のクオリティが向上します。

ミッドレンジスピーカー取り付け

メルセデスベンツミッドレンジスピーカー交換
メルセデス・ベンツはドア上部に10cmのミッドレンジスピーカーが取り付けられています。
こちらの純正スピーカーをマッチの『UP C42MB-FRT』に交換します。
スピーカーを交換する際に気になることが「見た目が変わらないか?」だと思いますが、『UP C42MB-FRT』は純正スピーカーとほぼ同じ形状で作られていますのでドアの加工をすることなく取り付けが可能で、見た目が変わることもありません。
スピーカーを交換後、ドア内張を元通りに組み付ければ純正のデザインのままです。

パッシブクロスオーバーネットワーク取り付け

マッチのメルセデスベンツ専用スピーカー付属パッシブクロスオーバー
『パッシブクロスオーバーネットワーク』はツィーターとミッドレンジが最適な音を奏でるためにそれぞれのスピーカーが得意とする帯域に音楽信号を分割し、送り出すものです。
特にツィーターは低音信号が入力されると最悪の場合壊れてしまうので『パッシブクロスオーバーネットワーク』はとても重要なパーツとなります。
そのパッシブクロスオーバーネットワークをドアの内部、取り付け後には見えない場所へ取り付けます。

パッシブクロスオーバーネットワーク調整

ツィーターアッテネーター調整
取付を行いますパッシブクロスオーバーネットワークにはツィーターアッテネーター(音量調整機能)が内蔵されています。(0dB、-3dB、-6d B)
スピーカー取り付け作業後、音を確認しながら最適なバランスになるようにツィーターアッテネーターの調整を行います。
純正オーディオユニットの音質調整機能でも高音の強弱の調整は可能ですが、その前にパッシブクロスオーバーネットワークにてツィーター自体の音量を適切に合わせておくことで最終的な音の仕上がりに差が出ます。
なので純正オーディオユニットの音質調整機能に頼りっぱなしではなく、パッシブクロスオーバーネットワークでもツィーターの音量を適切に調整いたします。

メインユニット音質調整

メルセデスベンツの純正オーディオを使って音質調整
スピーカー取り付け作業後に純正オーディオユニットに内蔵されている音質調整機能を使い「音の調整」を行います。
純正オーディオの場合は調整機能が少なく、高音、低音、左右バランス、前後バランス機能程度しか調整機能はありませんが、それらの機能を使って音を整えてから納車させていただきます。
また、納車後に音の調整がしっくりこない際にはご希望をうかがって再調整もいたします。

写真撮影

作業箇所の写真撮影をしておりますのでご希望の方には撮影データのお渡しをしております。
スピーカー取り付け作業は普段見えない部分の作業となりますので『作業前、作業中、作業後』の状態を確認することがが困難です。
ですので、どのようになっていて、どのようになったか興味がある方は、作業箇所写真の閲覧、データのお渡しをしております。

メルセデス・ベンツ専用 スピーカー取付 ライトセットは上記の内容で作業をさせていただきます。

メルセデス・ベンツ専用 スピーカー取付 ライトセット 62,100円(税抜)

メルセデスベンツ専用スピーカー交換ライトセット
  • ツィーター取り付け
  • ミッドレンジスピーカー取り付け
  • パッシブクロスオーバーネットワーク取り付け
  • パッシブクロスオーバーネットワーク内臓のツィーターアッテネーター調整
  • 純正オーディオユニット内臓の音質調整機能を使った音の調整
  • 作業箇所の写真撮影

上記内容を 62,100円(税抜)で行います!

上記の内容からグレードアップも出来ます!

例えば、ドア制振(デッドニング)
内張部分制振を行うと

+15,000円(税抜)


サブウーファーへローパスフィルター取り付け

+12,000円(税抜)〜

効果としましては
ドア制振(デッドニング)を行うと、内張の不要な振動を抑制することが出来るのでミッドレンジスピーカーの音がクリアに鳴りやすくなります。

ローパスフィルター取り付けを行うと、サブウーファーから中・高音が鳴らなくなり全体的にクリアに、そして低音のキレが良くなります。
(サブウーファーの数は助手席に1本の車両と運転席・助手席で2本の車両があります)

スピーカー交換で音は良くなります!

スピーカーの交換だけで音が良くなるのだろうか?と心配される方がおられますが、ご安心ください!
今まで取り付けを行った方は皆さん音質が向上したことを実感されています。
ですのでスピーカー交換だけでも音は良くなります。

先日、当スピーカー取り付けコースを施工させていただいたCクラスのオーナー様は「これだけ変わるならもっと早くスピーカー交換すればよかった」とおっしゃられていました。

メルセデス・ベンツの標準オーディオの音質に不満がある方は『スピーカー交換』がオススメですよ!

スピーカー交換で音は良くなります

作業時間について

作業はお車によっては多少前後することがありますが目安は半日です。
お車をお預かりしている間の代車(軽自動車)もありますのでご安心ください!

作業のご予約、お問い合わせはお電話もしくはメールで!

ご不明な点や些細な疑問点もお気軽にどうぞ♪

《お問い合わせ》

TEL:092-558-4022



※「メルセデス・ベンツ専用 スピーカー取付 ライトセットを見た」とお伝えください。

営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日

車種専用ページに戻る

PAGE TOP