スピーカー取付 ライトコース

スピーカー取り付けに専門店らしい隠し味を

スピーカー取付ライトコースなのでまずはスピーカーを変えましょう ということがテーマですが、それだけではなくて専門店らしい隠し味を加えつつもライトな内容でコースを設定しています。お手軽にスピーカーを取り付けたいけどちょっとだけこだわりたい という方にはピッタリです。

この『ちょっとだけのこだわり』にだいぶ悩みました。ちょっとだけなので入門コースよりもちょっとの金額アップで、でも費用対効果がしっかりと見込めるもの。ということで入門コースに隠し味を追加した内容となっています。
入門コースではちょっと物足りない、ちょっとだけこだわりを追加したい、そんな方に送るライトコース! では早速内容の紹介です。

スピーカー取付 ライトコース

ドアスピーカー取り付け

ドアの内張りを取り外し、純正スピーカーを取り外し、スピーカーを取り付けます。純正スピーカーはスピーカーケーブルとの接続部が専用のカプラーとなっていますのでカプラー部を加工して新しいスピーカーに合わせた端子に変更いたします。

スピーカーを取り付けるだけですので特別なことは無いです。ですが、意外とテキトウに取り付けられている車両を見かけます。

基本に忠実に、きっちりと取り付ける。簡単なようで意外と難しいことなのかもしれませんが、そこはきちんと基本通り取り付けを行います。

そしてスピーカー取付後は元通りに内張りを組み付けますので見た目が変わることはありません。

ツィーター取り付け

ツィーターはダッシュボード上の適切な場所に跡の残りにくい両面テープを使い取り付けを行います。取り付けを行う車両により内装の形、ガラスまでの距離などが違いますし、取り付けるスピーカーによって付属してくるツィーターマウントが違います。ですのでその都度、最適な場所と角度を選び取り付けをさせていただきます。

お車乗り換えの際のことも考え、取り付けには跡の残りにくい両面テープを使用しております。

純正でツィーターが付いている車両はツィーターのサイズによっては純正位置に取り付けることもできます。
ダッシュボード上に取り付けるより音質的には劣りますが、見た目を純正の状態から変えたくない方にオススメです。

パッシブネットワーク取り付け

純正スピーカーケーブルから音楽信号を取り出し、パッシブネットワークに接続し適切な場所にパッシブネットワークを取り付けます。取り付け場所は邪魔にならない場所はもちろんのこと、音質的にも良い場所を選び取り付けを行います。

純正からの信号取り出し部分は、のちに純正に戻すことも可能なように行っております。

スピーカーケーブル

基本的な部分は純正のスピーカーケーブルを使用します。ただ、純正だけでは長さが足りない部分がどうしても発生いたしますので、その際にはカナレ 4S8を適切な長さ追加いたします。スピーカーケーブルは信号出力部分(メインユニット、アンプなど)よりオーディオ用のケーブルに交換する方が確実に音がいいです。

ですがそうするとケーブル代とワイヤリング工賃がかかりトータルの金額が大きくなってしまいますので今回は極力純正のケーブルを使用し、純正では足りないところのみカナレ 4S8を追加します。

もちろん追加分もコース内容の金額に入っていますので金額の追加はありません。

インナーバッフル

メーカー製木製インナーバッフルを使用します。オリジナルでインナーバッフルを製作した方がより多くの車種、スピーカーに対応ができる上に、音質的に有利な加工を施すことが出来ますが、ここは金額を抑えるためにメーカー製木製インナーバッフルを採用しています。

ただ、メーカー製のインナーバッフル内径とスピーカーの取付径が合わないことがありますので、その際にはインナーバッフルの内径を拡大してスピーカーに合うようにしてから取り付けを行います。(この際、別途2,000円追加になります)

ドア制振作業

スピーカーを取り付けるドアのサービスホール部を制振いたいます。制振すると申しましてもサービスホールは穴の部分ですので正確にはサービスホール(穴の部分)を塞ぎます。このサービスホールを塞ぐことによってスピーカー裏側から発せられている逆相音がスピーカーの表に回り込んでくることをかなり軽減できます。逆相音が表に回り込んでくるとスピーカーの表側の正相音と混ざり合い、音を打ち消し合ってしまうので正確な音楽再生の邪魔をしてしまいます。ですのでレアルシルトを使いサービスホール部分を塞ぎ逆相音が表に回り込んでくることを防ぎます。

各所接続端子

純正スピーカーケーブルからの信号取り出し部、パッシブネットワーク部、スピーカー接続部など各所に接続部が発生します。その際、不適切に接続をしていると後に接続不良を起こしたり、車両に不具合を起こしてしまう場合があります。ですので接続部は適切な端子を使いしっかりと接続を行います。

主に使うのが、ギボシ端子、Y型端子、ファストン端子(スピーカー端子)です。

ギボシ端子は日立オートパーツのスズメッキ(光沢仕上)を使用し、Y型端子、ファストン端子はオーディオテクニカの金メッキ端子を使用します。

メインユニット音調整

オーディオプレーヤー、ナビゲーションに内蔵されている音調整機能を使い音の調整を行います。純正などの調整機能が少ないモデルでも高音、低音、左右バランス、前後バランス機能は付いていますので、そちらを使って音を整えてから納車させていただきます。

また、納車後に音の調整がしっくりこない際には再度ご希望を伺って再調整もいたします。

パッシブネットワーク調整

ほとんとのパッシブネットワークにはツィーターのレベル調整が内蔵されています。このレベル調整機能を使って車両、取り付け、好みの音に合わせたツィーターレベルに調整いたします。
メインユニットの音調整機能でも高域の強弱の調整は可能ですが、その前にツィーター自体のレベルを適切に合わせておくことで最終的な音の仕上がりに差が出ます。ですのでメインユニットの音調整機能に頼りっぱなしではなくパッシブネットワークでもツィーターのレベルを適切に調整いたします。

スピーカー位相調整

スピーカーは接続の仕方により位相が正相と逆相があります。ドアスピーカーとツィーターの取り付け位置や条件によって、ドアスピーカーもツィーターも正相が音のつながりがいい時と、ツィーターだけ逆相にしたほうが音のつながりが良い時があります。
作業後の調整の際に接続の間違えがないかを確認を、ツィーターが正相と逆相どちらが音のつながりが良いのかを確認し、適切に調整してから納車いたします。

写真撮影

作業箇所の写真撮影をしておりますのでご希望の方にはデータをお渡しいたします。内張の中などどうしても作業前、作業中、作業後の状態を見ることが困難ですので、どのようになっていてどのようになったかわかりにくいものです。ですので、作業箇所の写真をポイントごとに撮影しておりますので、ご希望であれば写真の閲覧、データのお渡しをしております。
スピーカー取付 ライトコースは上記の内容で作業をさせていただきます。

スピーカー取付 ライトコース 39,100円(税抜)

  • ドアスピーカー取り付け
  • ツィーター取り付け
  • パッシブネットワーク取り付け
  • 上記3点の取り付けに必要となるスピーカーケーブル
  • インナーバッフル
  • ドアのサービスホール部制振作業
  • 各所接続に必要となる端子
  • メインユニット内臓の音調整機能を使った音調整
  • パッシブネットワーク内臓のレベル調整
  • ドアスピーカー、ツィーターの位相確認、調整
  • 作業箇所の写真撮影

上記内容を39,100円(税抜)で行います!あとは取り付けるスピーカーを選ぶだけ。

例えばフォーカルのエントリーモデル PS 165 V1 の場合、

スピーカー代 40,000円 + ライトコース 39,100円 = 79,100円(税抜)となります。

 

もう少しグレードを上げてヘリックスの P62C の場合、

スピーカー代 58,000円 + ライトコース 39,100円 = 97,100円(税抜)となります。

作業時間について

作業はお車にもよりますが目安 半日〜1日です。

お車をお預かりしている間の代車(軽自動車)もありますのでご安心ください!

 

スピーカー試聴

取り付けるスピーカーを選ぶ際にオススメの方法は実際に聴いてみることです。当店は試聴できるスピーカーをご用意しております。 スピーカー選びで悩んだらまずは実際に聴いてみてください♪ きっといい出会いがありますよ!

> 試聴用スピーカー

作業のご予約、お問い合わせはお電話もしくはメールで! ご不明な点や些細な疑問点もお気軽にどうぞ♪

《お問い合わせ》

TEL:092-558-4022

 

※「スピーカー取付 ライトコースを見た」とお伝えください。

営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日

PAGE TOP